男の人

危ない蜂から身を守る│業者に退治を依頼する

鳩による被害とは

ハト

鳩は公園でよく見かけることが多い鳥で、多くの人に愛されている動物ですが、鳩は人に様々な害を与える害獣という動物に含まれています。この害獣とは野生の動物の中で畑の作物を荒らしてり、人に襲いかかったりする動物のことをいいます。害獣の中にはイタチやネズミ、タヌキやキツネが入っているのです。鳩による被害のことを鳩害といい、家のベランダに様々な被害をもたらします。一番軽い鳩害はベランダを休憩場として利用することです。移動している時に、羽休めのために家に入ってきて休んでいくのです。この時に糞をしてベランダを汚して、悪臭などの被害を起こし、他には鳴き声による騒音被害なども起きてしまうでしょう。この鳩害は一番軽いものということで、多くの人が対策を行なわずにそのままにしてしまいます。対策をしないと鳩は、この場所は安全なのだと判断して何回もベランダに訪れるのです。今度は休憩場としてだけでなく、仲間を待つための待機場として利用します。そうなると以前よりも糞や鳴き声による被害が拡大します。こうなってしまうと洗濯物に糞がついてしまい、外に干せなくなってしまいます。そして一番大変な鳩害は、鳩がベランダに住み着いていてしまい巣を作ることです。鳩には成長して大きくなった後に巣に戻ってくるという習性があるため、大量の鳩がベランダに戻ってくることになるでしょう。それだけではなく、鳩には縄張り意識が強いということで簡単に追い出すことはできません。鳩を放置してしまうとこのような鳩害が起きるので、早めに対策を行なって被害を最小限に抑えましょう。